サブメニュー

婦人

骨粗鬆症のサプリメントで元気全開|密度を高める

対策となる鉄分摂取の知識

錠剤

貧血の7割は鉄欠乏性貧血であり、鉄分の摂取量が一日の所要量に達していないことが原因です。月経がある場合にはそれに合わせて多く摂取すると予防になります。鉄分は吸収率が低い特徴があるため、吸収を助けるタンパク質やビタミンCを同時に摂取すると良いでしょう。

詳細を読む

高齢者に多い骨の病気

栄養補助食品

老化で骨が弱くなる

高齢化の進展とともに、近年わが国で注目度が高まるようになってきた健康リスクに、骨粗鬆症があります。骨粗鬆症は骨の密度が低下することによって変形したり、ささいなきっかけで骨折しやすくなったりする症状です。骨はいったん完成した後も新陳代謝によって常に細胞が入れ代わっていますが、骨密度の低下は老化等により新しい骨細胞の生まれる働きが衰えることによって起こります。骨粗鬆症になると背中が曲がって姿勢が悪くなったり、尻もちをついた程度で骨が損傷したりするなど、さまざまな健康被害を引き起こしやすくなります。特に高齢者にあっては寝たきり状態を誘発する要因として注意が必要とされています。骨粗鬆症の改善には専門的な治療が必要であることは言うまでもありませんが、生活習慣を工夫することである程度予防することもできます。特に骨を強くする栄養素の積極的な摂取は効果的です。

骨を丈夫にする栄養素とは

骨粗鬆症を改善する栄養素は食事から摂ることができますが、最近ではサプリメントも盛んに出回っています。骨を丈夫にする機能に特化したサプリメント製品などもあり、手軽に栄養を補う手段として有用です。骨粗鬆症に良いとされている栄養素には、カルシウム・ビタミンD・ビタミンKなどがあります。このうちカルシウムは言わずと知れた骨の主要成分ですが、ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きを、ビタミンKは骨の形成を促す働きをそれぞれ持っています。また、最近ではイソフラボンのサプリメントにも注目が集まっています。女性ホルモンのエストロゲンにはカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きがあるのですが、イソフラボンにはこのエストロゲンと似た作用があるのです。イソフラボンといえば従来は更年期障害を改善するためのサプリメントとしてよく知られていましたが、今後は骨粗鬆症の予防という面からも注目されていくものと考えられています。

特に大切な要素とは

女性

冷え症は年代や性別を問わず増加している傾向にあります。現在は生活習慣の変化により摂取している栄養素の内容にも変化が見られています。運動も大切ですが特に食事は冷え症の改善には重要な要素となっているので、適切な栄養素を摂取してく事が推奨されています。

詳細を読む

保存性が高くて便利

ハチミツ

プロポリスは原液として手に入れると保存性が高いのがメリットです。自然界にあるものをそのまま利用しているため、高い環境耐用性があります。そのメリットが理解されて、おいしく毎日飲むための工夫が行われていくでしょう。

詳細を読む