サブメニュー

男性

骨粗鬆症のサプリメントで元気全開|密度を高める

対策となる鉄分摂取の知識

錠剤

鉄分の所要量と損失

貧血として医療機関にかかる人の7割は鉄欠乏性貧血であるとされています。鉄分が不足していることが原因であるため、基本的には鉄分を十分に摂取することで改善することが可能です。一日の所要量の目安として厚生労働省により提示されているのが成人男性では7mg程度、女性では6.5mg程度であり、月経がある女性の場合には10.5mg程度が望まれています。ただし、知っておくと良いのはこれがあくまで推奨されている量であるということです。実際には女性は月経によって20mgから30mg程度の達文を失ってしまうことが多いため、月経のタイミングに合わせてより多くの鉄分を摂取する習慣をつけておくことが貧血の予防に役立ちます。

吸収率の異なる鉄分

鉄分の摂取を考える上で重要になるのが吸収率です。鉄分の特徴としてヘムに結合しているかどうかによって吸収率が大きく変動するという性質があります。ヘム鉄の場合には20%から25%程度が吸収されますが、非ヘム鉄の場合には10%前後しか吸収されません。非ヘム鉄を中心にして摂取する際には一日の所要量の10倍を摂取することが必要になります。貧血対策をする上では吸収率を高めることも重要と言われるのは鉄分にこのような特徴があるからです。タンパク質を一緒に摂取することで非ヘム鉄がヘム鉄などの吸収されやすい形になる可能性が高まります。また、ビタミンCを摂取することで還元体にすると吸収率が高まるのも鉄分の特徴です。